メインコンテンツに移動

【tutuストーリー】くつ下から始まるオシャレを、もっと多くのお客さまに発信したい!

0

特集 2018.11.21

【tutuストーリー】くつ下から始まるオシャレを、もっと多くのお客さまに発信したい!

武田 綾子 Ayako Takeda
靴下事業部

季節ごとの豊富なアイテム数が好評のチュチュアンナのくつ下♪
企画担当2年目にしてリピーターさんも多い冬の看板商品を任された、若手女子がいると聞いて、編集部が早速本人をキャッチ!商品のこと&お仕事のこと、たくさん教えてもらいました♪

 
チュチュアンナではどんなお仕事を担当しているのですか?
武田
ディレクターからのトレンド情報を把握し「いつ・どんなくつ下を作って・どれだけ販売するのか」を考える、商品企画を行っています。
くつ下部門は6名のチームなのですが、私はオールエイジと呼ばれる大きく流行に左右されないベーシックラインを担当しています。
 
こういったファッション関係のお仕事には昔から興味があったのですか?
武田
学生の頃からファッション関係の会社で働きたいと、就活でもアパレル系を中心に検討していたのですが、なんとなく決めかねていて。
そんな時、たまたま入ったチュチュアンナのお店の様子を見て「くつ下ほど幅広い層のお客さまにご愛用いただける服飾雑貨はほかにない」と実感し、入社しました。
 
くつ下の企画をされているということですが、最近担当された一番新しい商品を教えてください。
武田
冬の人気アイテムのひとつ「カシミヤ混ソックス」です。
今年はアンゴラを入れ、よりふんわりした肌触りに仕上げました。カシミヤは年齢を問わずに親しまれる素材ですが、ティーンとご年配のお客さまではお好みが違います。その年代にウケる丈感や配色を研究し、細かく仕様を変えています。
 
冬の人気商品でやりがいもありそうですが、特に武田さんがこだわった点は?
武田
毎シーズン約100の新しい型を作るのですが、冬だとその内30~40型がカシミヤ混ソックスという季節の看板商品ですので“数字”もすごく気にしていました(笑)!
今年は特に、カシミヤ×ネップ素材など異素材を組み合わせたブロック柄や、1年前からこだわり続けた糸の美しい発色にご注目いただきたいです。
 
 
武田さんの自信作がお店に並ぶんですね♪では、最近、印象に残ったお仕事エピソードがあれば教えてください。
武田
企画担当になってまだ2年目ですが、初めて自分が担当したくつ下を履いてくださっている女性を見かけた時は本当に感激しました。
月に一度、お店で接客を行う機会があるのですが「ラメがチクチクする」など、お客さまの生の声は大きなヒントになるものばかり!どんどん企画に活かしていきたいです。
 
では最後に、これからの武田さんの目標を教えてください。
武田
忙しいと数字だけを追いがちですが「自分がもしお客さまだったら」という、フラットな目線を忘れないことが私のモットー。
自分が企画した商品で、ひとりでも多くのお客さまの気分が上がったり、足元のオシャレの楽しさを広げることができれば嬉しいです!
 

「ヤング~キャリア層のトレンド情報は世の中にあふれています。
でも、私の担当するのは幅広い年齢のお客さまにお使いいただけるベーシックなくつ下。その中心層であるミセス以上のお客さまの志向や情報は、常に自分で動いて・探して収集しています」という武田さん。さすが入社のきっかけが企画の仕事に挑戦したかったというだけある頑張り屋さん!
そんな努力が幅広い年代のお客さまに愛されるチュチュアンナを支えています♪

 

 

この記事を書いた人

  • チュチュアンナ編集部

アンテナ感度はバツグン!気になるカワイイ&おしゃれな話題やお役立ち情報を発信します♪