メインコンテンツに移動

間違ったつけ方をすると体型が崩れる!?今さら聞けないブラの基礎知識

0

ビューティー 2018.11.06

間違ったつけ方をすると体型が崩れる!?今さら聞けないブラの基礎知識

毎日つけるブラジャー、ちゃんと身体にフィットするものを選んでいますか?

合わないブラジャーをつけていると、胸が下がってスタイルが崩れてしまうことも…。買ったときにはしっかりフィットしていても、使っているうちに合わなくなってきているかもしれません。

そこで今回は、ブラジャーの正しいつけ方と、理想のバストによって異なるおすすめのタイプをご紹介。これから先美しいバストをキープし続けるためにも、さっそく見直していきましょう!

ブラの正しいつけ方を知っていますか?

そもそもブラジャーの正しいつけ方って知っていますか?

同じものでも、つけ方によってバストラインは変わってくるんです。なんとなくつけているせいでブラジャーの機能が発揮されないなんてもったいない!

美しく快適に過ごせる、正しいつけ方を覚えましょう。

①ストラップに腕を通し、カップ中央の下部分を両手で持ちます。
②前かがみになり、バストをカップの中にきちんと収めてからホックをかけます。
③バストを前からぐっと寄せて、カップの中に収めます。収めたら、ブラジャーが水平になるようにストラップの長さを調整します。
④体や胸を動かしてみて、着け心地やシルエットのくずれがないかを確かめましょう。

はみ出しや浮き上がりはない?鏡の前でサイズを確認

サイズが合っているかどうかも重要なポイントです。1 年以上前に買ったブラジャーは、すでにサイズが変わってしまっているかも…。
ブラを正しくつけたら、鏡の前に立って確認してみてください。

①アンダーバストは安定していますか?
②カップが食い込んだりあまったりしていませんか?
③脇のくい込みや浮きはありませんか?
④前の中心部分が浮いていませんか?
⑤ストラップがくい込んでいませんか?
⑥アンダーベルト(カップの下から背中に向けて伸びるベルト)の下辺と床が水平になっていますか?

こんな場合はサイズが合っていないので要注意です!

①ブラをはずしたとき、背中にくっきりと跡がつく。
②腕を上げるとブラも上がってくる。
③カップの先端が余っている(片方だけ余る場合も)。
④カップがバストにくい込み、胸がはみ出ている。
⑤ワイヤーがくい込んで痛い。

理想のバストによってブラタイプを使い分け

ブラジャーにはさまざまな機能をもったものがあります。代表的な2タイプをご紹介します!

<ふっくら谷間タイプ>

ほどよい谷間を作りたい人におすすめです。

 

カップ裏がフカフカの柔らかい素材でできているのでバストにフィットしやすく、サイドから包み込むように設計されているので、女性らしいふっくらとした盛り上がりに。三角ストラップが、谷間をしっかりキープしてくれます。

 

 

<シルエットタイプ>

身体のシルエットを整えたい人はこちら。

 

脇から背中にかけてのアンダーベルトの幅が広く、ゴムも入っていないのでくい込みによる段差ができくいのが特徴です。正しくつければ、脇や背中のシルエットがすっきり!バストを優しく持ち上げます♪空気を含んだふっくらふわふわの綿混パッドで、心地よい肌触りです。

 

 

正しくつけて美バストを手に入れよう

あまり意識せずにブラジャーをつけていた自覚がある人は、今すぐ鏡の前でブラジャーを確認!しっかり見直せば大丈夫です。

基本は押さえているという人も、バストのサイズや形は日々変わるので、定期的に鏡の前でチェックしましょう。インナー取り扱い店舗では、フィッティング・採寸を無料で実施しています♪ぜひお店でお声がけください。

ブラジャーをきちんとつけて、美バスト生活をレッツスタート☆

この記事を書いた人

  • チュチュアンナ編集部

アンテナ感度はバツグン!気になるカワイイ&おしゃれな話題やお役立ち情報を発信します♪