メインコンテンツに移動

【検証】体の冷えを撃退!温活の効果を調べてみた

0

特集 2019.01.31

【検証】体の冷えを撃退!温活の効果を調べてみた

女性の大敵である「冷え」。寒い季節は特につらく感じますよね…。
そんな“冷え性ガール”にぴったりな「温活」をご紹介!体を温める活動は気軽に取り組みやすいので、ちょっとした習慣で身も心もポカポカに!今回は温活実践前と実践後でどれくらい変化があるのか、体当たりで検証してみました。

【温活検証の前に】冷えの原因をチェック!

冷えは女性に多く見受けられる症状。熱を作り出す筋肉が少ないことや脂肪が多いこと、また自律神経の乱れなどが原因と言われています。

体調などの要因以外でも、エアコンの設定温度が合っていない、冷たい飲み物ばかり飲んでしまうなどの生活習慣も要因のひとつ。不快な冷えの症状が続くと、月経痛、むくみ、肩こり、頭痛などの不調にもつながりかねません。

「温活」は冷えを改善し、適正な体温まで体を温めるケア!

冷えを改善できると、あらゆる不調の改善にもつながると言われています。妊活中の体調管理として温活を意識している女性も多いそう。温活は日々自分を労わり、女性特有の症状にもポジティブに向き合うためのケアでもあります。

 

今回は足先までポカポカするような温活にチャレンジ!
足元の温活は実はとても重要!足先が冷えてしまうと、むくみなどのお悩みにも影響が。そういう時には“ポンプ機能”のあるふくらはぎの筋肉を動かすと、足首、足裏、足先まで血の巡りもよくなっていくんだとか。

 

ご協力いただいたのは「足先の冷えが特につらい!」という会社員のNさん(30歳)。秋冬は会社に電気ヒーターを持ち込み、ズボンの両ポケットにもカイロを入れて冷え対策をしているそうです。

より温度変化がわかるよう、検証前と検証後の足元をサーモグラフィーで撮影してみました。

 

 

検証①:くつ下の重ね履きで床からの冷えをブロック!

まずは足を直接温めるくつ下の重ね履きから検証!足先の冷える女子にはもはやポピュラーな対策ですが、どのくらい効果があるのか気になるところ。

今回は吸湿性・保温性に優れたシルク配合の5本指ソックスの上に、裏地がボアのもこもこルームソックスを重ねて履いてみました。

しばらく待っていると「厚めのルームソックスの安心感がすごくて、だんだん温かくなってきた気がする…」といい予感が。果たして結果は…?

素足の状態でスタートしてから20分程度で、足元の色味が変化!ルームソックスを脱いでみても、全体的に色味が明るくなっていました。

体温を放熱させないためにもくつ下を履いておくのはマストのようです!
※効果には個人差があります。

検証②:健康的な食事で体の中からポカポカに!

今度は体の中から温められる食事で検証!
今回用意したのは、韓国の薬膳スープ・参鶏湯(サムゲタン)。

鶏肉にもち米や松の実、ニンニク、高麗人参、ファンギなどの漢方を入れて煮込んだポカポカお鍋は、体の芯から温めてくれるはず!果たして結果は…?

こちらも20分後くらいで全体的にやや色味が明るくなった様子!おでこには汗も見られ、顔の血色もよくなっていました◎

意外にも参鶏湯の本場・韓国では夏バテのときによく食べるそう!冬場はもちろん、夏場の空調冷えにもぴったりかも♪
※効果には個人差があります。

検証③:運動やストレッチで血行改善!

最後は実際に体を動かして検証!

「寒いから外にほとんど出ないけど、室内でできるストレッチなら…」ということで、足首をぐるぐる回したり、手足をブラブラしたり、足裏を揉んでみたり…。
果たして結果は…?

運動後からジワジワと赤くなり、10分程度でこんな感じに。全体的な色味の変化に加えて、足先にも赤い領域が!


「実際にやってみて運動したときが1番温かく感じました!寒いからと布団にこもらず、くつ下を履いて、ちょっとでも動くよう心がけたいです。」とNさんからも前向きなコメントが。

土踏まずにある「湧泉(ゆうせん)」や指先の「気端(きたん)」というツボが冷えにはオススメです◎
※効果には個人差があります。

【最後に】温活の大切さを専門家に伺いました。

医学的に証明されていないことも多い「冷え」の影響。女性の身体を診る助産師や東洋医学の現場では、温活はとても重要視されています。スクワット、手首・足首・首・肩を回す、手足の指をグーパーするなどもおすすめです。 十分な睡眠・運動・バランスのよい食事などの生活習慣が自律神経を整えると言われています。温めるだけでなく「冷えにくい身体づくり」にも取り組みましょう。

★医療監修★ 株式会社とらうべ 助産師(保健師・看護師)原尾風葵

総合病院で助産師として勤務後、(株)とらうべで活動中。年齢とともに心身に変化の出てくる女性にいつでも伴走し、悩みや喜びを共有できる助産師でありたいと、妊娠・出産育児講座や産後ケアなどの活動を展開。 身体の力を高めるためのセルフケアを、それぞれの生活に合った方法でアドバイスしています。

この記事を書いた人

  • チュチュアンナ編集部

アンテナ感度はバツグン!気になるカワイイ&おしゃれな話題やお役立ち情報を発信します♪