メインコンテンツに移動

野菜のパワーで美肌をめざす♪〜女子の味方!旬野菜を知ろう〜

0

ビューティー 2019.02.26

野菜のパワーで美肌をめざす♪〜女子の味方!旬野菜を知ろう〜

女子力UPをめざして日々奮闘中のみなさん、最近お肌の調子はいかがですか?
「おしゃれやメイクがバッチリでも、お肌の調子がイマイチじゃ気分もアガらない」ですよね…!
そこで注目したいのが旬野菜。「食べてキレイになりたい!」そんなワガママを叶えてくれる【旬野菜】について、編集部メンバーと一緒にお勉強してみませんか♪

 

前半では季節ごとの旬野菜を分かりやすく解説!後半では、旬野菜が簡単に美味しく摂れる方法をご紹介します。みんなでおいしく美肌をめざしちゃいましょう☆

旬野菜を知ろう!お勉強編

「旬の野菜はおいしい上に栄養面も優秀って聞くけど、今の時代、一年中スーパーで買えるし旬のことってよく知らない…」チュチュ編集部もそんなメンバーがほとんど。


■旬の野菜ってどんな良いトコロがあるの?
■おなじみ野菜の旬はいつ?
さっそく旬野菜の基本をチェック!

春の旬野菜といえばコレ

体の毒素を排出して、本来の美しい肌へ。

●春のゆらぎ肌に。
春先って「なんだかお肌のバランスが崩れてきたな」「ちょっと肌荒れが気になるな」と感じることが多いですよね。そんな時は、春キャベツや菜の花を積極的に食べるのがおすすめ。スルフォラファンという栄養素が、体内の解毒の働きを助けてくれますよ。

 

●栄養豊富な「芽」が特徴です。
春といえば、多くの生き物が活動を始めるシーズン。春に旬を迎えるのは「芽」の野菜が多く、寒さがまだ厳しい時期に芽を出して成長するための栄養をたっぷり含んでいます。栄養豊富なだけでなく、デトックス効果や抗酸化作用にも優れていると言われているので、春の旬野菜を食べないと美容にももったいない☆

 

夏の旬野菜といえばコレ

女子の大敵!紫外線対策に。

●刺激を受けやすい夏の日差しに。
夏の女子のお悩みは、なんといっても強烈な紫外線ですよね。
日焼け止めや日傘で防ぐだけでなく、旬野菜でも対抗策をとってみませんか?夏野菜のトマトには強力な抗酸化作用を持つリコピンが、パプリカにはビタミンCが含まれているので、紫外線の攻撃を抑制してくれます。

 

●夏バテ予防に最適。
夏の旬野菜はハッキリした色が特徴で、暑くて食欲がない時も赤や黄色などカラフルなビタミンカラーが食欲を刺激してくれます。体内にたまった熱を取り除く効果もあるので、疲れ気味の時は夏野菜を積極的に食べて、暑さを乗り切りましょう♪

秋の旬野菜といえばコレ

内側からきれいに!「腸内環境」も改善。

●シミやそばかす改善に
秋の旬野菜は、でんぷんや糖をたっぷり蓄えておいしくなった根菜類や、食物繊維が豊富なイモ類やきのこ類など。
中でもニンジンがもつビタミンA(βカロテン)には皮膚や粘膜のバリア機能を高める作用があり、紫外線によるダメージを和らげてくれます。シミやそばかすの予防・改善にも期待大ですね♪さらにβカロチンには、シミやシワの元となる活性酸素を和らげる働きがあり、肌のターンオーバーが正常に働く手助けをしてくれます。

 

●繊維のチカラで内側からきれいに
最近よく耳にする「腸内環境」。腸内を健康に保つことは、肌をきれいに保つためのマスト事項なんです。秋に出回るイモ類やきのこ類には、食物繊維がたっぷり。便秘をスッキリ解消して、美肌を目指しましょう!

冬の旬野菜といえばコレ

肌のバリア機能を高め、潤いをキープ!

●冬のカサカサ肌対策に。
冷たい北風やエアコンの温風に交互にさらされる冬の肌、心配なのはなんといっても乾燥ですよね。冬に旬を迎える根菜類や緑の葉物野菜で、体の内側から乾燥対策をするのがおすすめです。

 

●厳しい冬を乗り越えた冬野菜には、生命力がたっぷり。
ほうれん草や小松菜には、皮膚や粘膜のバリア機能を高めるビタミンA(βカロテン)がたっぷり☆さらに、粘膜のバリア機能高めるので、ウイルスの侵入を防ぐことも期待できます。お鍋などでたくさんの冬野菜を上手に取り入れて、風邪予防をしながらうるおい美肌を守りましょう♪

おなじみの野菜の「旬」と「美肌づくりへのメリット」を一通りご紹介しました。

「えっカボチャって夏に収穫される野菜だったの?」なんて人も多いかも?
今では温室栽培などで一年を通してほとんどの野菜が買えるので、旬を意識することって少ないかもしれません。でも旬はその野菜が一番おいしい時期であり、体やお肌に有用な栄養が豊富に含まれている時でもあります。旬野菜をおいしく食べて、ぜひ美肌づくりに活用してくださいね♪

 

「旬野菜を知ろう!お勉強編」はここまで!ここから先は実践編として、旬を迎える春野菜を使って実際に作ってみましょう☆

旬野菜を美味しく摂ろう!実践編

■ブレンダーやミキサーに「ポンッ♪」!春キャベツベースのスムージー

旬野菜の美味しさや栄養を手軽にとれるスムージーをご紹介!

 

ビタミンCやスルフォラファンを豊富に含む、春キャベツベースでスムージーを作ってみました!キャベツを飲む?ってちょっと不思議ですが、甘みの際立つ春キャベツだからできるヘルシードリンクです。これだけで、栄養満点の簡単スムージーの出来上がり☆
ブレンダーやミキサーで簡単にできちゃうので、バタバタと忙しい朝に最適です♪

 

■レンジでかんたん お菓子風ジャガバター

アツアツの新ジャガにバターを溶かして、ヨーグルトとナッツを混ぜたソースをかければお菓子風ジャガバターの出来上がりです!

 

じゃがいもに含まれているビタミンCはでんぷんに守られているので、加熱調理でも失われにくい特徴があります。さらに、新ジャガは皮ごと食べられるので、栄養を逃しません! 少しお腹が空いたときに、おやつ気分で食べてみてね☆

 

■いつものお鍋で彩り蒸し野菜

旬野菜はたくさん栄養を含むので、シンプルに蒸し野菜でいただくのもオススメです!

 

レンジでチンッでできる蒸し野菜ですが、ゆっくり加熱できる土鍋だと、 野菜の細胞に急激な負担をかけないので栄養価も逃げにくく、よりGoodです。 今回は、旬野菜のありのままの美味しさを引き立てるハーブ塩を添えてみました!

 

春野菜で作れる簡単料理をご紹介しました。旬野菜は栄養価もたくさん含まれているため、1年の中でも一番美味しく食べられます!素材の味を生かしたシンプルな調理で食べるのがオススメ。普段苦手と思っているお野菜でも、旬の時なら美味しく食べられるなんてことも。
お手軽なので、ぜひ試してみてくださいね☆

(監修:管理栄養士 黒木ルミ・フードコーディネーター はまもと)

この記事を書いた人

  • チュチュアンナ編集部

アンテナ感度はバツグン!気になるカワイイ&おしゃれな話題やお役立ち情報を発信します♪