メインコンテンツに移動

『大人女子のマナー講座』第2回新入社員が憧れる先輩女子の条件

0

お役立ち 2019.02.27

『大人女子のマナー講座』第2回新入社員が憧れる先輩女子の条件

様々な場面で必要とされるのに、実は知らないことだらけの「マナー」の世界。そんなアタフタ女子のお悩みを解決する、大人のマナー講座を漫画で開講!
第2回目のテーマは「ビジネスマナー」。新入社員が入ってくる前に、頼りになる先輩の振る舞いをマスターしておきましょう!

LESSON-1:意識したいオフィスカジュアル

里奈先生
「まずは服装のポイントをおさえていきましょう。好ましいパターンとふさわしくないパターンをあげるとこんな感じです。」
おさほ
「マナさん…結構攻めますね…」
マナ
「制服がないからか、どんどん派手になってるかもしれない…」
里奈先生
「自覚はあってよかったです(笑)。オフィスでの服装は露出を控え、清潔感や動きやすさを心がけましょう。基本的には『ジャケット・シャツ(orカットソー)・パンツ(orスカート)』が永遠のテッパンコーデですね。黒や紺のベーシックなカラーが好ましいですが、春はパステルカラーのものを取り入れられると素敵です◎余裕のあるキレイな着こなしになりますし、優しい印象に映りますよ。」

LESSON-2:お客様対応の落ち着いた立ち回り

おさほ
「先生!実はずっと気になっていたことがあって。訪問先でのマナーは入社後に研修もあったし、先輩に同行して学べたんですけど、自分の会社に来られたときの対応をきちんと知らなくて…。」
里奈先生
「おさほさん、とてもいい気づきです!順を追うと、まずは挨拶ですね。来客に気づいたら、明るい笑顔で『いらっしゃいませ』とお出迎えしましょう。それから先方の社名・お名前・面会希望者・アポイントの有無を確認して、『少々お待ちください』と丁寧に伝え、取り次ぎにいきます。」
おさほ
「なるほど!流れが分かると次は落ち着いて取り次げそうです。ちなみにそのときは会議室まで案内しなくちゃいけなくて、ガチガチに緊張したんですよね…」
里奈先生
「まず先導して歩くとき、お客様にお尻を向けてしまうと失礼にあたります。歩調を合わせながら、斜め前を歩いて誘導しましょう。」

「入室する時は3回ノックしてからドアを開けて、『こちらでございます』とお客様に先に入っていただきます。2回ノックはトイレ用の合図としても認知されているので、3回ノックがベターでしょう。基本的には上座へご案内となるので、ドア側でない奥の席にお掛けいただくようお伝えできればバッチリです。」
マナ
「先生!私もずっと気になってたというか、悩みがあって。敬語が下手くそで、ついつい武士の喋り方みたいになるんです…。」
おさほ
「この前電話対応のときに緊張しすぎて『お名前頂戴してよろしいでござるか』って言っちゃったらしいです。」
マナ
「ちょっ!その黒歴史は…やめて…あぁ恥ずかしい…」
里奈先生
「大丈夫。誰だって『これは失礼に当たらないかな』って緊張するものです。お電話だと、よく使うフレーズを手元にまとめておくと落ち着いて対応できますよ。」

「あと、実は『お名前頂戴する』ってやりがちな敬語間違いなんです。お相手から名前はいただけませんから。正しくは『お名前をお聞かせください』もしくは『お名前を伺ってもよろしいでしょうか』などですね。」
マナ
「そうだったんですね!今聞いておけてよかった…」

LESSON-3:新たなビジネスマナー「ネットリテラシー」

里奈先生
「実は私からもお二人に是非お伝えしておきたいことがあるんです。」
おさほ
「な、なんでしょう…」
マナ
「ダメダメすぎて見放されるのでしょうか…」
里奈先生
「いえいえ、実は最近SNSなどが原因でトラブルがよく起きているんです。服装や立ち回り、言葉遣いも大切なマナーですが、ネットでやってはいけないリテラシー(使いこなす能力・知識)もぜひ学んでいただきたくて。」
おさほ
「確かにたまにニュースで見るかも。私もマナも、同じ会社の人たちも皆SNSやってますけど、ネットにもビジネスマナーがあるとは知らなかったです…。具体的に何に気をつければいいんでしょうか?」
里奈先生
「まずネット上に一度でも出た情報は、取り消すのがほぼ不可能と言われています。なので、会社の機密に関わる情報はもちろん投稿してはいけないですし、取引先名、人物名なども載せない方が賢明です。」
「あとお写真を載せる時も要注意です。社内で撮影された写真に思わぬ書類や情報が映り込んでいる可能性がありますから。無断投稿と思われないよう、写っている方の了承を得てから投稿するのも心がけた方がいいですね。」
マナ
「イライラしたとき愚痴とかつい書きそうになるけど、そういう衝動をコントロールするのも先輩の第一歩かも…」
おさほ
「確かに…。先生!今日もいろいろ教えていただきありがとうございました!」
里奈先生
「いえいえ。お二人ならきっと素敵な先輩になれると思いますよ。」

里奈先生からのコメント

誰にでも新入社員としての時期があったはずです。新入社員になんでもすぐに教えるのではなく、仕事のあり方を考えさせ、その仕事ぶりを温かく見守ることも、「新入社員が憧れる先輩女子の条件」だと思います。そんな素敵な先輩を目指して、頑張ってください!

★コラム監修★ 加藤里奈(NPO法人日本サービスマナー協会 認定マナー講師)

外資系化粧品メーカーに入社後、多くのお客様と接する中でマナーの大切さを感じ、現在は日本サービスマナー協会認定マナー講師として活躍中。 「マナーで心も整え、内面からも外面からも美人になる」をモットーに、ビジネスマナー、ビューティーレッスンなど各種講座・研修を手がける。

この記事を書いた人

  • チュチュアンナ編集部

アンテナ感度はバツグン!気になるカワイイ&おしゃれな話題やお役立ち情報を発信します♪