メインコンテンツに移動

【tutuストーリー】「この手触り・デザインでこの価格!?」いつもお客さまに嬉しい驚きを

0

特集 2018.11.14

【tutuストーリー】「この手触り・デザインでこの価格!?」いつもお客さまに嬉しい驚きを

原 聖絵 Marie Hara
インナーウェア事業部 MDグループ マネジャー代理

ルームウェア商品で2010年からスタートした『マイクロファイバー素材のパジャマ』が、冬アイテムの中で、最も売れる人気商品に成長♪
専門店にはないチュチュアンナならではのこだわりや、開発エピソードなどなど、今、キラッキラ☆に活躍中の女子スタッフに話を聞きました!

 
チュチュアンナのホームウェアは編集部でも大人気。何かひとつ人気商品を挙げるとすれば?
引き続き今シーズンも発売の『マイクロファイバー素材パジャマ』です。
なめらかな線がギュッと凝縮されたような、リッチな肌触りが最大の特徴!毎年買っていただいているリピーターのお客さまのほか、触ってるだけで癒やされそう!と社内のファンも多いです(笑)
 
確かにぬいぐるみみたいに、つい撫でてしまいますね(笑)!この素材ならではの開発エピソードがあれば聞かせてください。
最近女子に人気の線画タッチのデザインなどは、毛足の長いマイクロファイバー素材に落とし込むのがかなり難しいんです。
デザイナーは平面でデザイン画をあげてきますが、パジャマは立体…繊細なタッチと素材感の両立には相当苦労しました!
 
そんな専門的な工夫が人気アイテムを支えているんですね!チームワークも必要なのではないですか?
ルームウェアに携わる全員が、最高の価値がある最高の商品を届けることを第一に考え、仕事に取り組んでいます。「こんなステキなアイテムが2,500円で!?」という、嬉しい驚きを常に提供し続けられればと。
ホームウェアは季節商品が多いのですが、工場の閑散期生産を徹底して価格に反映するなど、お客さま満足のために出来ることは全力で実践中です。
 
ルームウェアとインナー両方を担当されていますが、幅広くお仕事をする上でのモットーは?
「ポイント」を外さないことです。無いものをゼロから作り出す時などはお客さまの前にまず社内の共感を得なければなりません。
そんな時、熱意だけで的外れなアプローチをしても「何を言ってるの?」と流されて終わってしまいます。どんな時も、会社が目指す方向に合った&未来が描けるポイントを押さえることが大切ですね。
 
 
勉強になる!「コレがいいと思ったから」だけではダメ、論理的なプレゼン力も必要なんですね。
そうですね。私の仕事は、これまで無かったモノをゼロから作ることと、既にあるモノをさらに良くすることという2つの要素に分けられます。
その両方について、誰が聞いても理解できる、しっかりした理由づけというか、ストーリーが必要ですね。それがない思いつきでは、お客さまに響く商品は生まれないと思っています。
 
では最後に、チュチュアンナの商品を通して、お客さまに伝えたいこと・感じて欲しいこととは?
「世界中の女性をオシャレにする」ことがチュチュアンナ最大のミッションでありメッセージです。
お客さまが「コレを着たらオシャレになれそう!楽しい気分になれそう!」そう感じていただける商品をこれからもたくさん企画し、お届けしていきたいです♪
 

ルームウェアとインナー両方の商品企画を担当している原さん。
「マイクロファイバーのパジャマで、これだけ豊富な柄・種類があるのはチュチュアンナの自慢!」と自信たっぷりに教えてくれました。
トレンドを意識するなら、前開きのメンズライクなシンプルデザインをチョイスするのがおすすめだそうですよ♪

 

 

この記事を書いた人

  • チュチュアンナ編集部

アンテナ感度はバツグン!気になるカワイイ&おしゃれな話題やお役立ち情報を発信します♪